飛ぶ。咲く。走る。
Show MenuHide Menu

Archives

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

蹴る、一歩目。

2013年9月21日   

出国174日目。巡礼最終日。
17カ国目スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラにいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歩く。
地面を蹴って進む。
左足に力を込めて地面を後ろに蹴る反動で、右足を前に出す。
そのタイミングで体重を右足に移し、今度は右足で地面を蹴り、左足を前に。

この地面を蹴る感覚の中で、一番好きなのは、100m走のときの一歩目のそれ。
どきどきしながら、スタートの合図に耳をすませる。
静かな数秒感のあとの銃声と共に、蹴る、一歩目。

なんてことを考えて、これスタートから何歩目なんやろと思いながら歩いたりしてた。笑

巡礼4日目はログローニョからナヘラまで29kmを歩いたあと、バスでナヘラからブルゴスまで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_6334

IMG_6328

大聖堂特有のあのぴりりとした緊張感、僕はやっぱり好きやな。

IMG_6450

IMG_6435

IMG_6444

巡礼5日目はブルゴスからメリデまで電車とタクシーを乗り継いで、びゅびゅんと。
この日だけで400kmくらい進んだんじゃないかな笑。

IMG_6491

IMG_6479

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巡礼6日目はメリデからサンタイレーネまで29kmをてくてくと。

IMG_6520

IMG_6517

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして巡礼最終日の今日、サンタイレーネからサンティアゴデコンポステーラまで23km。

IMG_6591

IMG_6623

IMG_6828

そして、ついに、ゴール!!

IMG_6680

アメリカ横断をした時にセドナで買ったお揃いのTシャツ。笑
100km以上歩いたので、巡礼証明書も貰って、ぱしゃり。

IMG_6710

証明書と一緒にもってるのは、巡礼手帳(クレデンシャル)というもので、泊まった宿や、立ち寄ったカフェなどに置いてあるスタンプを押していく。これが結構楽しい。

IMG_6602

うん、やっぱり嬉しいな、ゴール。
今回の巡礼は1週間だけで、途中バスも電車も使う、お手軽巡礼やってんけど、
それでも、嬉しかったし、ゴールの大聖堂見たときには、すごい感動した。

巡礼路800kmを全部歩くのには40日くらいかかって、
蓄積される疲労を抱えながら毎日この道を歩くのってすごいと思うし、
でもやっぱりいつかは全部歩きたいなと思う。

IMG_6338

ゴールの大聖堂にある十字架には、他の教会でも見られるα(始まりの意味をもつ)とΩ(終わりの意味をもつ)の文字が通常の位置と逆に彫り込まれていて、
巡礼の終わりは、新しい人生の始まり、という、サンティアゴ巡礼の象徴的な意味をもっている、とのこと。

IMG_6850

なんかいいなと思った。
歩き続けて来てゴールした最後の一歩が、これから歩いて行く次のゴールへの一歩目。
ありきたりな言葉かもしれないけど、それでもやっぱり、救われる言葉だと思う。

今回巡礼を通して再確認できたのは、道は続いているということ。
きっと、僕達の毎日もそれと同じで。

IMG_6597

ふと、ずっとひっかかっていた一節が消化されていくのを感じた。

「たどりつきたい場所があるわけでもないのに毎日毎日走りつづけてしまう。
そういう人間のなかに走るという行為に対する好悪を断言できるものなどいるだろうか。」
風が強く吹いている/三浦しをん

自分の行動に対して、理由も好悪もわからない、別にそれでもいいんじゃないかな。と今は思う。
続いていく毎日のなかで、いつだって僕達のつま先はゴールに向かっていて。
だから安心して、日々を重ねていけばいい。
地面を蹴り続ければいい。

その中でも、やっぱり僕が好きなのは。
ゴールでもありスタートでもある、喜びと期待感とともに、蹴る、一歩目。
そんな毎日を生きていきたい。

うん、巡礼楽しかったな。

IMG_6320